由利本荘市de子育て

小2と3歳と0歳の3児の子育ての間に由利本荘市で子育てにまつわることを更新しています。

読んだっちリレー文庫

読んだッチ リレー文庫って知っていますか?

 

f:id:yurihonjo-kosodate:20171010155958j:image

ご家庭で眠っている絵本や児童書を寄贈していただき、子どもたちが利用する施設で再利用する取り組みです。

寄贈された絵本や児童書は一冊ずつお手入れされた後、保育所などで所蔵されます。

H23~28年度で約16,000冊以上の本が集まり、子どもたちに届けられたそうです\(◡̈)/

 

●受付窓口

県立図書館、市町村図書館、公民館図書室で受け付けています。

お問い合わせ:

秋田県総合政策課県民読書推進班 0188601216

 

可能な方は下記サイトから、寄贈申込み票を印刷してご使用ください。

common3.pref.akita.lg.jp

 

 

ままちょこ おしゃべりカフェvol.10のお知らせ

ままちょこ おしゃべりカフェ vol.10のおしらせf:id:yurihonjo-kosodate:20171010105938j:image

 

ままちょこは、由利本荘市で子育て中のママが運営しているサークルです。

おしゃべりカフェの日は おたがいに子どもたちを見守りながら、

ママもちょこっとゆっくり…飲み物を飲みながらおしゃべりできるところです。

 

11月6日(月)

10時~12時

鶴舞会館3F 講堂

参加費 100円(飲み物・保険料込)

持ち物 マグカップ

おさがりコーナー、 授乳&オムツ交換コーナー 保健師さんによる計測コーナーもあります♪

 

お申し込みは、ママとお子さん両方の 名前・生年月日・電話連絡先をメールで お申し込みください。

申し込み〆切:11月1日(水)17:00

 ※ままちょこは万が一の事故やケガを考慮し、イベントごとに行事保険に加入しています。参加される方全員にもれなく補償があるよう、〆切後の参加申込はできませんm(_ _)m

 

◆お申込み・お問い合わせ

ままちょこ mamachocotto@gmail.com

ままちょこの今までの活動は

https://www.facebook.com/mamachocotto/からご覧ください。 

ご不明な点がありましたら、まずはお問い合わせください^ ^

 

秋田県防災学習館

9月、秋田県防災学習館の秋まつりにへいってきました。
f:id:yurihonjo-kosodate:20170910123427j:image

 由利本荘市岩城にある秋田県防災学習館にいったことはありますか?防災に関する知識、技術、行動力をより一層高めることをねらった体験型学習施設です。

秋田県防災学習館

由利本荘市岩城内道川字築館1-1

0184-73-3005

入館無料

開館時間:9時~16時(体験コーナーの最終受付は15:30まで。それ以降でも自由見学は可能)

年中無休(年末年始を除く)

 

受付を済ませたら、いよいよ施設の中に入っていきます。

施設に入ってすぐのところ。

イラストや図で、災害に備える方法や災害時にはどんなことに気をつけたらいいか、分かりやすく説明してあります。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170910123453j:image

通報体験コーナーでは、実際に家庭用電話と携帯(ガラケー)、公衆電話を使って人が倒れていたら、火事を目撃したら…等を想定して模擬通報できました。時代の即してスマホver.もあったらいいな。

 f:id:yurihonjo-kosodate:20171010142256j:image

f:id:yurihonjo-kosodate:20171010142325j:image

携帯の普及で、 公衆電話って最近見かけなくなりましたね。。。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170910123603j:image

 

ここでは消化を体験できます。よくTVでもみる火事のケースですね。ストーブの上に洗濯物!f:id:yurihonjo-kosodate:20170910123733j:image

ふだんの生活の中でよく見かける消火器の多くは、粉末消火器といわれるもので、中には炭酸ガスのボンベとリン酸アンモニウムの粉が入っています。

この日は水が出る特別な消火器を使って、消化体験。どの辺に水をかけたらいいのか…なかなか火って消えません…私たち親子は火を消すことができず「逃げて下さい!」の表示が出ました(°_°)

f:id:yurihonjo-kosodate:20170910123654j:image

 煙中体験コーナー。煙の中でどういう姿勢で動いたらいいのか教えてもらえるそうです。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170910123824j:image

 地震体験ができました。この日は前日に秋田県震度5地震があったばかりで、そのお話も少しありました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20171010142732j:image

 

 2階へ。エレベーターがない代わりに長いスロープがあります。もちろんベビーカーOKf:id:yurihonjo-kosodate:20170910123901j:image

 

子供でも心配蘇生を学べるように作られた「あっぱくん」というキットを使って、心配蘇生法を学びました。心配蘇生が必要な時、どういう風にやるのか、係の方の説明だけでなくアニメでも説明があるので楽しみながら話が進んでいきます。これをきっかけに、応急処置などにも関心が出るといいなと思いました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170910124156j:image

 

体験型だけあって、実際に身体を動かしながら学べる面白い施設でした。イベントと重なり、最初は混んでいて、係りの方々もどうしたらいいのかわからない様子。せっかく作っておいてあった番号札が全く機能してなかったので、横入りオッケー、待ってる人は待ち続けている…という場面を多々目撃しました。あと、スタンプラリーのスタンプをなかなか押してくれず、ずっと待ってるから、次に行けない。

平日の空いているときは、一体どうなっているんだろう。

 

 

参加賞として、非常食をいただきました。帰宅して、保管している非常時の食べ物たち、確認したら、、期限切れが沢山!!!!!!!

揃えたことに安心せず、定期的に確認しておかないといけないですね…。

 f:id:yurihonjo-kosodate:20171010150950j:imagef:id:yurihonjo-kosodate:20171010151009j:image

 

秋田公立美術大学「未知しるべ」

秋田公立美術大学の学祭「未知しるべ」にいってきました。

秋田公立美術大学

秋田市新屋大川町12-3

美術大学です。以前は美術短大でしたが4年前に4年制大学になりました。

美術学部美術学科があります。(さらに5つの専攻に分かれています)

 

隅から隅まで巡りたかったけれど、時間に余裕がなかったので、印象的だったものをいくつか。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170918190123j:image

 壁に貼られた模造紙にチョークで描いてOKのコーナー

f:id:yurihonjo-kosodate:20170918190230j:image

 アトリエももさだ

米を備蓄するために造られた旧国立農業倉庫、全部で8棟のうち3棟を工芸体験棟、ギャラリー棟、地域開放棟として開放されています。さらに3棟を大学専用の実習棟、1棟が新屋図書館となっています。名前の由来は、新屋地区の昔の地名「百三段(ももさだ)」で、これに美術工芸に関連深い「アトリエ」をミックスさせたもの。また、「ももさだ」はアイヌ語のモムサンドイ(川尻の土地という意味)が語源ともいわれています。(アトリエももさだHPより)

f:id:yurihonjo-kosodate:20170918190701j:image

 アトリエももさだ、ガラス工房で、ガラスデモの見学をしました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170918190546j:image

 

f:id:yurihonjo-kosodate:20170918190549j:image

 

 f:id:yurihonjo-kosodate:20170918190559j:image

 

 模擬店もおもしろい~^ ^破格だけあって、おつりの出ない「学長カフェ」

食べ物よりも、個人やサークル単位で自分の作品を販売する模擬店のほうが多いのは、さすが美大?!クリエイター魂を感じました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170918213528j:image

学祭といえば、企業との関わりもおもしろいです。秋田法務少年支援センターの性格診断テストをうけてみました。結果をいただいた時に、こういった性格診断の結果も更生の切り口のひとつなんだということを教えてもらいました。

 f:id:yurihonjo-kosodate:20170920231946j:image

 

レストハウスで偶然であったミラーさん。 女性らしき格好をしていますが、足は男性のようなすね毛が生えています。性別の境界がない、ジェンダーレスの表現のようです。これも作品のひとつなのかもしれません。f:id:yurihonjo-kosodate:20170918190635j:image

 

当然ながら売店は画材がいっぱい売っていました。f:id:yurihonjo-kosodate:20170918190915j:image

 

あらやちゃぷちゃぷ大学主催の青空ろーそく工房「キャンドルつくり」をしたいなと思っていましたが、開始時間が昼過ぎで体験できませんでした。気さくなお姉さんが見本のキャンドルくれました(;_;)子どもたち、とてもよろこびました。f:id:yurihonjo-kosodate:20170918190734j:image ロウソクつくりはできなかったけど、ロウソクのイベントを教えてもらいました。

10月22日(土)

18:00~19:00

「あらや きゃんどろーど」

 詳しくは、あらやちゃぷちゃぷ大学facebookページまで。