読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

由利本荘市de子育て

小1と2歳の2児の子育ての間に由利本荘市で子育てにまつわることを更新しています。

あいマルシェ

3月11日、あいマルシェに行ってきました。

yurihonjo-kosodate.hatenablog.com

 

この日に限ってカダーレは施設利用者がとにかく多く、駐車場もいっぱい。

10:30すぎに着いた頃には大盛況でした。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170311160009j:image

逢いネットで作られているさをり織の雑貨たち。昔、私が逢いネットさんではじめてさをり織を見たときにはキーホルダーやストラップ、コースターだけでしたが、

いまはブローチやカーテンタッセル、エコバックなどさまざまな商品が販売されていました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170311160137j:image

大内在住の作家さんのお菓子販売がありました。逢いネットにもスイーツのカタログを置いていて、おもに注文を受け生産されています。この日は値札つけ、おもに接客販売をふだん逢いネットで活動している方々が担当していたそうです。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170311160034j:image

くるみの里の雑貨にはパッチワークのようになったかわいらしいコースターや鍋敷きがありました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170315001816j:image

草木染めのランチョンマットも色が淡くて素敵でした。ビビットな色ではないのでTシャツなんてあると着やすそう^ ^

f:id:yurihonjo-kosodate:20170311161004j:image

ギャラリーの中に飾られていた絵は、繊細なタッチのものから、とにかく力強さを感じるものまでいろいろな雰囲気のものがありました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170311160955j:image

 りんごの部分がさをり織になっているエコバックです。エコバックなんていうのがもったいない感じがします。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170311211119j:image

くるみボタンの部分で留められるようになっているので折りたたむことができます。

「さをり織は感性を織ること、自己表現すること、好き好きを織ること」

さをり織は、城みさをさんという方がはじめた織物の常識にとらわれず、感性を織るアート作品なのです。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170311220716j:image

子どもたちと色々な味をつけて楽しむポップコーンにするべく、ぽぽろの家からとうもろこしを購入しました。たべるのが楽しみです。

f:id:yurihonjo-kosodate:20170311222859j:image